ゴーン氏が逮捕されて日産は本当に変われるのだろうか?

2018年年末に騒がせた事件の一つとしてゴーン逮捕があります。

日産の会長であり、親会社のルノーの会長でもあるカルロス・ゴーン氏が日本で逮捕されるという衝撃的な事件。逮捕したのはお馴染みの東京地検であり容疑は誰の目からも明らかなようにあと付けであるという印象が拭えませんでした。

世間ではクーデータと称されて日産の西川社長がそれを否定し続けるという中で次の日産の会長は西川社長になるという憶測も流れていよいよこれはクーデータであり、日産からわがまままなゴーン会長を追い出したいだけだなという見方が強まっています。

ゴーン擁護は日本人じゃない!?

相変わらず日本の意見は2つに分かれています。それはゴーン擁護とゴーン批判。

ゴーン批判はどうやら現状の生活に満足していない日本人が多く加担しているようです。外国人を憎むような言説もありますし、それを否定することは彼らにはできないでしょう。日産のゴーン氏は何十億円も日産から報酬を受け取っているセレブです。

日本人の一般的な給与は下がる一方で今では年収400万円が平均値とされています。この大きな格差がゴーン批判につながっていますし、ゴーン氏もそういった批判をかわすために後から報酬を受取るという約束をしていたとかしていなかったとか。

ついにはゴーン擁護は日本人じゃない、パヨクだという意見までネットで飛び出す始末。

日本も病んでいるなと思いました。

日産は変われるのか?

現在の日産は日本に限って言えばほとんど何もしていないに等しいです。

目立った新車もなく、既存車のノートにシリーズハイブリッドを載せてe-POWERと称してヒットを出したきり大した動きはありません。

ノートにセレナ、そして軽自動車くらいしかまともに売れている車種はないということが言えます。

2019年からは日本向けにも新型車を出すという情報でしたが今回の事件によってどうなるかは不透明になりました。

また不正事件も繰り返していて去年に続いてまた今年も不正を日産は起こしています。しかしいろいろなことが起きすぎていてリコールや不正といったものがほとんど忘れ去られようとしています。多くのメーカーでそういったことが起こっていてユーザーとしては何が何だかというのが正直なところでしょう。

結論としては今後も日産はしばらく変われないことは間違い無さそうです。

仮にトップが日本人になったとしても日本向けの車が良くなるとは思えないです。正直に言えば世界向けで今の日産は成功していますからトップが日本人に戻ればまた業績を落とすでしょう。

ゴーン氏がいろいろなところで日産のケツを拭いていたようでサウジアラビアでも日産のちょっとしたトラブルをもみ消すためにお金を使っていたようです。それが私的流用だと東京地検は言っているのですが懐疑的ですよね。

そういった世界での流儀を日本人トップができるわけがなく、そもそも外国語も満足に話せない日本人が世界市場で自社の車の売上を増やすなんていうことができる訳がないと私は思うのです。日本の中でちょっと良い学校を卒業して日産で頑張ってきた人なんて世界で通用するわけがないと思うんですね。

ゴーン氏は経営者としては偉大だったし彼の仕事の代わりができる日本人のトップは今後出てくることはなさそうです。

また日産はリーフのような空気の読めない車を作り自己満足して業績を落としていくことになりそうです。これにはゴーン批判している日本人の皆様も同意するのではないでしょうか?

日産車は耐久性が悪いのは本当か?

最近言われているのは日産車は耐久性が悪いという話。

確かにCVTが10年もするとぶっ壊れる車種があるという噂があります。CVTというのは変速機でありオートマチック車に搭載されているトランスミッションです。

ATなどよりも安価に製造できるのでCVTは日本車で主流のトランスミッションとなっています。ただレスポンスが悪いなど性能的は今一つ。しかし日本企業はいかに商品の製造コストを削減するかに命をかけているためそのような商品が普通になっています。

しかしそれでも日本車の価格は高まっていて逆に日本企業の利益は史上最高となっているのです。これは為替の問題が多く寄与しているということもありますが品質が余り高くない白物家電のような車作りをひたすら行っている日本企業の優位性は自動車産業ではまだ保たれているようです。

ライバルである韓国車は高級化路線を取り始めていて自滅しています。当然でしょう、欧州車に勝てる訳がありません。そういったことでしばらくはどうやら日本車の優位は続くようです。

日産車も経費削減が激しい車作りをしています。その割には燃費性能が今一つでデザイン性も日本車で優位性はほとんどありません。しかし何故か世界的には受け入れられていて売れている車種が多くルノーを支えているのが日産の収益です。ルノーは良い車を作る会社ですがマーケット的には小さな存在で収益はさっぱり。単独であれば埋もれてしまっているメーカーでしょう。

さて日産車が耐久性が悪いかどうかは車種によると思います。日産CVTで検索して悪い噂に該当しない車種は普通でしょう。普通に長く乗れるので買っても問題はないと私は思います。

車買取 青森